熊本城まずは第一弾の特別公開から紹介します!

熊本便利情報

こんにちわ!
旅好きアラフィー女子、ネコシバです!

熊本城が熊本県民に愛され、アイコンだと以前お伝えしました。
現在の熊本城関係の状況をお知らしていきたいと思います。
ようやく6月1日より第2弾が始まりましたが、まずは第一弾からお知らせします。

第一弾の特別公開始まる!

まずは2019年の10月5日から始まった第一弾の
特別公開の模様をお知らせします。

第2弾は特別見学通路の開通に伴い、ようやく拝観が始まりました。
今後の予定では2021年春には天守閣内部の公開も始まります。

2016年4月の熊本地震から4年が過ぎました。
熊本人の悲願、熊本城の再建が少しずつですが進んでいます。
まだまだですが確実に復興が進んでいます。

それでは、昨年10月の第一弾の城内の特別拝観の様子をまずお伝えします。
熊本城が再建されここまで蘇りました!

特別拝観が始まったのが10月5日でしたがそれから、連日多くの人が集まりました。
今年の元旦も城内の加藤神社に参拝したのですが、日の出前から
たくさんの人々がならんでしました。


入り口で出迎えるおもてなし隊の皆様たち。(先年10月撮影)


こちらが、奇跡的に残った宇土櫓です。
西南の役で天守閣が焼けた時も焼け残ったそうで
原型をとどめています。


天守閣の中の見学が出来るのが
2021年春の予定です。

これから徐々に再建が進められますが
完全な再建までは20年余りを
要するそうで、まだ道半ば
というところです。

天守閣(東側)の全貌、未だに再建工事中ですが、
外観が今までよりかなり白くなりました。

こちらが、裏側からの眺めです。
天守閣の右側は石垣が崩落変形しており
それを支える工事をしています。

遠くからはよく見えませんが
建物自体はほとんど被害がなかったそうです。

次に地震の爪痕です。

まだ至るところに石垣、建物の崩壊があります。

壁と瓦と石垣が壊れたままです。

今まで城内に入ることが
できなかったので
知ることがなかったのですが、
熊本城も大変な被害を
受けていました。

熊本地震は地震直後の
死者が少なかったことで
今では忘れられつつあります。

でも,2度も震度7の激震をうけ
多くの家屋が壊れました。

先日災害住宅の建設が終了したという
ニュースを聞きましたが、
未だに仮設住宅での避難生活を
続けている方々も多いです。

だから熊本城の再建は本当に
うれしい出来事です。

再建まで20年を要するといわれる熊本城ですが、
莫大な費用も要します。

熊本城再建のためのユニークな仕組みとは?

実際に見学出来なくても、熊本城を応援する
ユニークな方法があります。

それは熊本城主となる方法です。
これはもう10年以上前から熊本市が行っているもので
現在は復興城主という名前になりました。

城主になると、あなたのお名前が
お城のデジタルデーターベースとして記録されます。

そのほか城主を証明する証明書やら、熊本市が管理する施設の入場
が期間中無料となる特典もあります。

いわゆる、ふるさと納税の一種ですから、税制の控除も受けられるし、
城主になれるというなんか城好きにはたまらないし、

それが熊本城の再建の費用となっている
ことが一番うれしいことですね。

熊本城にはいかなくても熊本城をサポートできるんですね!

詳しくは熊本城オフィシャルサイトに詳細がありますので、
ぜひご覧くださいね。

これからたくさんの方々に熊本を
訪れていただきたいと心から思います。

ブログ見ていただいて
ありがとうございます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました