宮崎の魅力が詰まった飫肥(おび)と宮崎神宮

旅行

こんにちわ!
旅好きアラフィー女子、ネコシバです!
旅が好きでひょっこりと出かけますが、昨年の夏訪れた宮崎は
新しい発見もあり最高でした。

宮崎の素敵なところ

宮崎といえば、青島、日南海岸
鵜戸神宮などが有名ですね。

以前に旅行したときに何度か行っているので
今回はどこか違うところにいきたいと思い
案内所を訪れたところ素敵なところを紹介してくれました。

九州の古京都のと言われる飫肥(おび)に足を運びました。

その前日に訪れた宮崎神宮も初めてでしたが素晴らしかったです。

驚きの宮崎神宮

最初はまず宮崎神宮からです。
宮崎市内に位置する宮崎神宮
何気なく訪れた宮崎神宮でしたがその趣と荘厳な感じに感激!

一つ目の鳥居をくぐるとそこは別世界
周りが木々で覆われている長い参道を歩きます。

本当に凜として美しい、空気感も素晴らしい!
街中にこんな素敵なところがあるなんて驚きです!


木々に覆われて奥深い参道、神秘的です。

 



中はこんな感じ、広々として素敵な所でした。

 

すすめてくれてありがとう! 飫肥はすごかった!

さて翌日、飫肥へ向かいます。
漢字も難しくてまったく読めないんですが
それさておき、宮崎から本来なら車が
ベストな行き方なのでしょうが
私は列車を使いました。

朝一本、昼に一本、夕方一本の
数本しかなかったと記憶しています。
私の行く時間は普通列車しかなかったのです。

列車はたったの2両編成、おまけにホームが
短い駅が多くて、ほとんどの駅で
前の車両しかドアが開きません。


動く列車の中から写真を撮るのは
難しいですが、途中できれいな海が見えました。

9時頃の電車でトコトコ揺られ約1時間半
着いたのが、飫肥でした。

宮崎から熊本へ帰るバスが
たまたま16時だったので
時間はたったの2時間半余り
駅前に止まっていたタクシーに交渉して
観光タクシーにしてもらいました。

時間があれば、歩いても2kmぐらいです。
レンタサイクルでも回れるので
列車などを利用する方は駅前の
レンタサイクルがお勧めですね。

飫肥は大正時代から明治初期まで280年間、
飫肥藩・伊藤家(5万1千石)の城下町として
栄えたところで、武家屋敷を象徴する門構え、
風情ある石垣、漆喰堀が残る町並みは、昭和52年に
重要伝統的建造物群保存地区に選定されたそうです。


復元された大手門


藩校振徳堂

 

昭和53年に復元された大手門、松尾丸や藩校振徳堂
伊東家の歴史を綴る飫肥城歴史館、商人町通の樽を置いた商家
番傘の商家がある。江戸時代を彷彿させる
町並みは楽しめます。

 

由緒施設…豫章館、松尾の丸、歴史資料館
小村記念館、旧山本猪平家、商家資料館の
6館が共通のパスで見学でき大変お得です。


最後が飫肥駅、駅舎も中々おしゃれでした。

時間が無かったので、お食事をする時間もなく
待ち時間にお弁当食べましたが
今度はゆっくりと回って名物食べたいな!

なんとか揚げ(忘れました)が美味しかった。
駅でお会いしたご婦人から
お裾分けいただきました。

ありがとうございます。

旅の醍醐味はまったく知らない所に訪れ
そこで自分の知らない、新しいことを
発見する事だと思います。

またどこかに行きたいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました